kidsbike-bmxの日記

2、3歳のお子さんを持つ親御さんに、私個人の体験を基におすすめする乗用玩具のご紹介と少し大きくなられた4、5歳のお子さんへのBMXの選び方をご紹介します。

キックバイク(ランバイク)比較

今回、比較するのは「キックバイク(ランバイク)」と呼ばれる、子供用乗用玩具です。

 

キックバイク(ランバイク)とは・・・

どの様なものかと言いますと、自転車のペダルが無い乗り物です。

最近では子供達が、公園で乗っている姿を よく見かけるのでご存知の方も多いと思います。

 

キックバイク(ランバイク)の対象年齢

対象年齢は主に2~5歳までの、まだ 自転車 には乗れない子供たちが対象です。

昔では、三輪車に乗っている年齢の子供たちですね。

 

キックバイク(ランバイク)のメリット

キックバイク(ランバイク)のメリットですが、やはり一番はバランス力が身につく事で自転車に乗れるのが早いくなる点ですね。

私にも息子が居りますが、とにかく自転車に乗れるようになるのが早かったです。

自転車に乗るのに、2時間かかりませんでした。

と言うのも、キックバイク(ランバイク)に2歳から乗せて、3歳には自転車に乗りました。

 

キックバイク(ランバイク)のデメリット

実は、ランバイク(キックバイク)にもデメリットがあります。

そのデメリットとは、怪我のリスクが高いという事です。ただし、怪我については避けれない事ですから ご両親が気を付けるしかありません。

また、最近ではヘルメットやプロテクターといった装備が充実しているのでそれほど怖がる必要もありません。

 

キックバイク(ランバイク)メーカー比較

今回の本題であるキックバイク(ランバイク)の比較ですが、まずメーカーから比較してみましょう。 最近では、三輪車より人気があるので各メーカーがこぞってランバイクを出しています。

安全性、価格、デザインや中には将来的に自転車になる製品など様々な形態があります。

私の場合は、元祖キックバイク(ランバイク)と呼ばれる「ストライダー(STRIDER)」を購入しました。 では比較をしてみましょう。

 

 

ストライダー(STRIDER)

ストライダーとは、アメリカ生まれの元祖キックバイク(ランバイク)です。構造は至ってシンプルで有りスタイリッシュな作りです。 BMX(バイシクルモトクロス)と呼ばれるアメリカでは一般的な自転車をベースに考案されておりとにかく頑丈。

最近では、ストライダーカップなど子供たちが参加できるレースも全国的に開催されています。

  

ハロー(HARO)PREHWEELZ

アメリカの老舗自転車メーカーが作り出すキックバイク(ランバイク)です。自転車作りを専門に行ってきたメーカーのノウハウが詰めこまれたモデルです。安価では無いですがそのスタイルと作りこみには定評があります。 こちらもBMXを元に考案されているので非常に頑丈です。

 

ラングスジャパン(RANGS)バランスバイク

ラングスジャパンとは日本の企業です。大手スポーツトイの輸入代理店で有り世界各国の優秀な子供用玩具を取り扱っています。その企業が開発した製品がバランスバイクになります。日本人独自の目線から低価格で高品質な製品となっており人気です。